Pocket


45歳を過ぎてくるとそろそろ更年期という言葉が気になり始めます。

「まだまだ生理は普通にあるけれど更年期って一体いつから?」「急に太り始めたけどこれは更年期のせい?」「お腹周りばかりが太るけれどこれはホルモンバランスが悪くなったから?」


来たる更年期、できれば不調なくまた太ることもなく乗り切りたいですよね。

若い頃と違って色々病気も気になるところ。

太り続けることはほっておいていいのか?それともダイエットすべきなのか?しっかり考えていきたいと思います。


はら やばみ はら やばみ 

太り続けることってやっぱりリスクがあるのかしら?なんとか体重増やさずに乗り切りたいわ

 

 

 

更年期の体重増加が止まらない。太らない対策は?


更年期と言われる期間は、閉経前後の合わせて10年間。

50歳から51歳の頃に閉経する人が多いのでだいたい45歳から55歳が更年期と呼ばれています。

更年期の不調は人それぞれ現れますが、できれば軽くなんともなく乗り切りたいところ。


何にも対策を取らなければ女性ホルモンはどんどん減っていくだけなので、間違いなく太り始めます

少しの運動や食事の質を変えるだけで体内に与える影響は大。


太り始めている方は、普段の食事のカロリーが年齢に対して多い、もしくは食事内容が炭水化物に偏っている傾向にありませんか?

ついつい日常の忙しさに追われ、食事内容がいつも一緒だったり、手軽なものになっていると栄養バランスが取れていない可能性大です


更年期を無理なく過ごしたければ、食事と運動がキーワード。

規則正しい食事と低カロリーでも栄養が取れる食事、そしてジョギングなど軽めの運動と筋トレを行う事。

これが大変重要です。


ご覧いただきたいのが下記の資料。

女性の体は、若い頃は下半身に脂肪が多くお腹周りや腕には脂肪がありません。

これがくびれを作っているんですが、50代になると体全身くまなく脂肪がつき始めます。



つまり、この脂肪のつき具合の変化がウエストのくびれがなくなりお腹まわりがポッコリとしてくる原因。

更年期以降は、今までつきにくかった内臓に脂肪がつきやすくなるのです。


ただこの内臓脂肪は皮下脂肪に比べて燃焼されやすいので、ウォーキングや軽いジョギングをすることで脂肪を落とすことができます。

体を動かすと筋肉量も増えますので、さらに基礎代謝もアップ。


筋肉がつくことで、体も絞られてメリハリが出てきます。

体にメリハリがあるということが若く見えるポイントなので、体重減少よりもメリハリを作ることを意識して運動も取り入れていきましょう。


また体を動かすと、更年期によるいイライラや鬱のような症状も和らぎますので、積極的に行いたいですね。


【参考記事】更年期は体重増加が止まらない!ダイエットを成功させる食事と筋トレ

更年期ごろから気をつけたい肥満からくる病気


若い頃は健康診断で何もひっかかったことがなく健康体だったのに、年齢とともに少しづつ要注意のような検診結果を聞いていませんか?

誰にでも訪れる更年期ごろから、太ることによって様々な病気のリスクが発生します。


更年期と病気の関係を知り、更年期で太ることは結構リスクが高いことをまずは知ってください!

骨粗鬆症

更年期を迎えると今まで分泌されていた女性ホルモンが分泌されなくなります。

女性ホルモンの一つエストロゲンは、排卵や月経に適した体を作り、代謝を促す効果があるのですが、これが分泌されなくなることにより、脂肪が燃えにくくなり内臓脂肪がたまりやすくなるのです。


エストロゲンの減少は骨代謝も遅らせ、閉経後なんと1年ごとに2%も骨量が減り続けます。

その影響で、骨がスカスカにもろくなり、骨折のリスクがぐっと高まります。

閉経後は骨密度検査も受けて、骨の状態を確認しておきましょう。


骨密度は骨に刺激を与えると骨を育成するホルモンが分泌され骨密度が高まります。

「背伸びをしてかかとを地面にどんと落とす」という運動が大変効果的ですので空いた時間にやってみてください。

糖尿病や動脈硬化に注意

女性ホルモンには血管をしなやかに保ち、動脈硬化を予防する効果もあって、女性の生活習慣病は抑えられていたのですが、閉経後は女性ホルモンが分泌されないので動脈硬化や糖尿病など生活習慣病のリスクがとても高くなります。


動脈硬化は血管が詰まりやすくなり心筋梗塞や脳卒中など怖い病気のリスクも高くなるのでこれまで以上に注意しないといけません。

肥満が乳癌のリスクに?

乳がんの発症率も、女性ホルモンであるエストロゲンの変化によって変わります。

乳がんの発症率はは一生浴びるエストロゲンの量と比例しており、閉経前の40代後半までにほぼ一生分のエストロゲンを浴びることになります。

そのため乳がんのリスクがたかります。


閉経後はエストロゲンが放出されないのかといえば、そうではなく、溜まった脂肪からそのエストロゲンが生み出されるようになります。
そのピークが60代で、その時もまた乳がんのリスクが高まりますので、ご注意を!


閉経後に肥満になるのは乳がんが確定するくらい実は危険

更年期だから仕方がないとダイエットを諦めずに、しっかりと運動を行なって体重コントロールを行いましょう。

まとめ


更年期は本当に体重がどんどん増えていきます。

その理由は代謝が悪くなっとこととホルモンの影響によるもの。

筋肉量も落ちているので、まずはしっかり筋トレを行い体力をつけましょう。


プラス有酸素運動を行えば、仕事や家庭でのストレスも軽減され、更年期特有の症状も軽くなる傾向にあります

不定愁訴ができるだけでないよう、また病気のリスクを減らすためにも、食生活の改善と運動を行なっていきたいですね。


ふと ももこふと ももこ

女性ホルモンが乳がんのリスクを高めてたんですね。乳がんが40代後半から60代にかけて増えることもわかったので、しっかり検査を受けて乳がんのリスクにも備えます。




【参考記事】40歳過ぎたら体重増加が止まらない⁈どうやって痩せるの?

 

 

記事が参考になったと思われましたら、ポチッと応援よろしくお願いいたします!



ダイエットランキング


にほんブログ村 ダイエットブログ 40代女性のダイエットへ
にほんブログ村