Pocket




どんなにダイエットしても、なかなか細くならないふくらはぎに、半ば美脚を諦めていませんか?

そもそもふくらはぎは、筋肉でできている部位で、あまり脂肪がつかない箇所。

だからダイエットをしてもあまり細くならないのですが、ご安心ください、筋肉の鍛え方で、足の形は変わります


ただし、筋肉のついている場所や、筋肉自体の長さなどは持って生まれた遺伝なので、筋肉がつく場所などを変えることはできません。

それでも筋肉の太さは変えることができるので、形や太さを変え綺麗な脚に近づくことはできます。


はら やばみ はら やばみ 

ふくらはぎが綺麗な脚は永遠の憧れだわ〜

 

 

ふくらはぎの形は遺伝か?改善方法を徹底検証!




ふくらはぎは、腓腹筋とヒラメ筋という二つの筋肉から構成されていて、その筋肉をつないでいる腱の長さは、生まれ持った長さなので遺伝というか、変えられないんですね。


なので、腱が短いと、ふくらはぎの筋肉を鍛えたときに筋肉がつく位置が下の方になったりということはあります。もう少し上に筋肉をつけたいと思っても鍛えられる筋肉がそもそもその位置になければ無理ということ。


ふと ももこふと ももこ

私のふくらはぎは、痩せないということかしら〜?((ノд-。)クスン


しかし、諦める必要はありません。

自分の足がどういう構造なのか把握したら、自分の足に合わせて整えていけばいいのです。

それを今から見ていきましょう。

急がば回れ!骨盤を整えるとふくらはぎも綺麗になる




「ふくらはぎを細くしたい!!」と思ってマッサージしたり筋トレをしたのに、「なかなか細くならない」「余計筋肉がついて太くなった」そんな悩みを抱えていませんか?


「木を見て森を見ず」ではありませんが、ふくらはぎの問題ではなく、骨盤の問題かもしれません。出産や長年の癖で多くの人が骨盤が開いたり歪んでいます。


骨盤が歪むと足の骨も正しい位置についていないので、骨を支える筋肉も違う位置についてしまって太い足になってしまうのです。

ふくらはぎばかりに注目せずに、下半身自体を整えていく方が、足全体をスッキリさせ早く足痩せが成功します。

自分がどんな足をしているのか徹底分析しよう

自分の体型って、太くなれば、鏡を見ることも嫌になってあまり見てないってことないですか?

勉強の仕方もそうですが、どこが悪いのかわからないと対策も取れないのと同じで、ダイエットしたければ、まずは、自分の体を把握しましょう。


水着姿になって全身写真を撮っておきましょう。

前と横と後ろから。

そしてウエスト、ヒップ、二の腕、太もも、膝上、ふくらはぎ、足首など気になる部分の太さも計測しておきましょう。

もちろん測った日付も入れてくださいね。


そしてよく鏡を見て、自分の手で触ってみましょう。

お尻の垂れ具合や筋肉の硬さなど。ダイエット前だと、あまりのブヨブヨさに愕然とするかもしれませんが、ショックを受ければ受けるほど、「よし頑張るぞ!」とモチベーションアップにつながりますね。

その記録をレポートにまとめて見えるところに貼っておくとなおよし。


あど バイスさんあど バイスさん

家族に見られるのも嫌でしょうけれど、公開してしまった方が、言い訳もできませんから、後戻りしないためにも誰かに「ダイエット始める宣言」をしましょう。

どんな足が自分の目標なのか?目指す足を見つけよう

自分の体型を把握して、レポートにもまとめました。

次は、目指すところを決めましょう!

なんとなく痩せるといいな、ではいつまでやればいいのかわからず、ダイエットが続きません。

ウエストの太さは、マイナス5cmとか全ての部位に具体的に書き込みましょう。


体重の目標も。

そして期限も決めましょう。

1ヶ月にマイナス1kgとか2kgとか。

健康的に痩せるためには1ヶ月に最大マイナス2kgぐらいにしておきましょう。

急に体重を落とすと体力も落ちて、疲れやすくなったり風邪をひきやすくなったりしてしまい体を壊す恐れもあります。


40代からのダイエットは、食事制限だけをして体重を落とすことはやめましょう。

体重が落ちてもしわしわで貧相、逆に老け込んでしまっては元も子もありません。

必ず運動と筋トレをして筋力アップを図りましょう。

痩せたいのはふくらはぎ!だけど鍛えるのはココ!

とにかく骨盤をまっすぐ正しい位置にすることを意識します。

40代は骨盤が広がってしまって下半身が太くなっている人がほとんど。

骨盤を正しい位置にしてそれをキープできるように筋肉をつけましょう。


まっすぐ立って、つま先とかかとをピッタリつけてみてください。

膝が内側を向いていませんか?

内側を向いていると股関節が内旋しています。

すると大腿骨の上側が徐々に外へ引っ張られ空いた隙間に脂肪がつきやすくなり太ももが太くなります。

骨盤の歪みは腸腰筋(ちょうようきん)、深層外旋六筋(しんそうがいせんろっきん)と中臀筋(ちゅうでんきん)という筋肉を鍛えることが重要。


股関節周りの筋肉を鍛えることで下半身が安定します。

トレーニングもそんなに大変なトレーニングではないので、地味にお家で筋トレ頑張りましょう。


腸腰筋を鍛えよう!
まずはソフトに

しっかり鍛えるハード系

深層外旋六筋のトレーニング

中臀筋のトレーニング

思い切って足が見えるスカートをはこう

スカートを履きたいけれど、痩せて綺麗になるまでスカートは履けない!なんて思うより、思い切ってスカートを履いて足を出しましょう!


スカートが似合わないからと、隠すような格好ばかりをすると、ますます似合わないことになります。

ヒールの高さで、足の見え方も全然違いますから、自分がヒールを履いて綺麗に見えるヒールの高さを知ることも大事ですし、スカートも自分に似合うスカート丈、スカートのデザインを知ることも大事です。


はら やばみ はら やばみ 

なんでもトライトライトライ!やってみないとわからない!堂々と自信を持って着ていたら、なんでも似合うようになるわよね


足を見せることで、「見られてる」という意識が芽生え、脳内からアドレナリンも放出!気持ちにスイッチが入りダイエットにも、地味な筋トレにも効果がありますよ!

ぜひ、ファッションも痩せてからではなく、今すぐ楽しんでくださいね。

まとめ




骨盤の歪みから、下半身が太くなっていることをご理解いただけたかと思います。

正しい歩き方をするためには、適度な筋肉をつけて骨盤を安定させることが一番。


地味でやりたくないことですが、綺麗な足の方はやはりちゃんとトレーニングをしているのです。

年とともに筋肉はますます落ちていきます。元気に、歩くためには下半身トレーニングが一番大事!

いつまでも若々しく過ごすためにも、美脚のためにも筋トレ頑張りましょう!


ふと ももこふと ももこ

骨盤の歪みをとって、私も太もも痩せするよう頑張る!



【参考記事】40代のダイエットには酵素が必須!本気で痩せたい人におすすめの酵素3選




万年パンパン足で悩んでいませんか?

ムチムチ足から卒業できた秘密はこちら!

実は私、あるものを飲んで、長年悩んでいた足のパンパンから解放されたんです!
冬場のロングブーツもスルッとはけちゃう!
その秘密はこちらの記事で詳しく書いています➡️今すぐ読む!








ダイエットランキング


にほんブログ村 ダイエットブログ 40代女性のダイエットへ
にほんブログ村