Pocket




45歳を過ぎた頃から、今までと変わらない生活をしていても、お腹周りやお尻、太ももにどんどんお肉がつきだして気づけばスカートやズボンがいつの間にか入らなくなっていた!

そんな経験をする人も多いのでは?


以前はちょっと食事を抜けば元に戻っていた体重も戻らないし、このまま中年太りまっしぐら?!

どうにかしないとこのままではまずい!と危機感を持ちますよね。


はら やばみ はら やばみ 

なぜお腹周りばかり太るんだろ〜?


理由を理解して、若々しい体型を維持しましょう!

 

 

 

女性が45歳から下半身ばかり太りだす理由

更年期っていつから?

見たくもないポッコリお腹。なぜこうなってしまったのでしょう?
それには、中年女性特有の理由があったのです。

いわゆる更年期です。


「更年期」とは、閉経を挟んだ前後5年間くらいを指し、一般的に50歳すぎに閉経する人が多いので、45歳から55歳の間が更年期といわれてます。


普段女性は子宮からエストロゲンとプロゲステロンという2種類の女性ホルモンが交互に分泌されているのですが、そのうちのひとつエストロゲンが出ているとき、心身ともに体調が良く、痩せやすくなります。


ところが更年期に入ると、この女性ホルモン「エストロゲン」の分泌がどんどん減り始め、痩せにくくなりますし、体調不良の原因にもなります。


ただし、エストロゲンが多いといいわけでもなく、更年期に入ると、どちらのホルモンも減り始め、バランスが悪くなることで、様々な更年期特有の症状がではじめます。


その特徴的なものとして、満腹感がなく食欲が止まらなかったり、代謝が落ちて脂肪をため込んだり、足がむくんだり、イライラして過食に走ったり、というような事が起こってきます。


まだそういった自覚がなくても、ホルモンは徐々に減ってきていますから、やはり若い時に比べるとむくみやすかったり、脂肪がつきやすくなったりして、目に見えてお腹周りに脂肪がつきはじめます。


ふと ももこふと ももこ

なるほど、お腹に脂肪がつくのはホルモンのせいだったんですね〜

放っておいたら中年太りまっしぐら

とにかく、年齢とともに代謝が落ちてきて、さらに体に脂肪が蓄積されやすい状態になっていくので、今までと同じ生活を続けていけば、間違いなく中年太りまっしぐら。


ということは、今まで、運動なんてとんでもないと思っていたあなたも(私もそうですが)重い腰を上げて、少し運動をする必要があるんですね。


あど バイスさんあど バイスさん

でも、今まで運動をしてこなかった人にいきなり運動をしろといっても、体力も気力もありませんよね。いきなりハードルを上げてしまうと続かないので、お家の中や普段の生活のままできる「ながら運動」からまずは始めましょう。

アラフィフ女性はこうして痩せる

健康的に痩せるためにも筋トレは必須

ダイエットを始める時、一番に思いつくのが、食事の量を減らすということ。

ところが、若い時のように、ただ減らしてしまうと、健康維持に必要な栄養素も取れなくなって、髪がパサついたり、シワが増えたり、骨折したり、と一気に老け込む可能性も。


なので、ただ単に食事の量を減らすことは避けて、しっかり栄養のあるものを取りながら、合わせて、筋トレを行うことが大切です。


なぜ筋トレが必要かというと、筋肉がないと代謝もアップしないし、全ての脂肪が、重力に負けて下に垂れ下がり出すので、どんどん下半身デブになるからです!!


あなたのダイエットの目的は、ただ体重が落ちて痩せればいいわけではありませんよね?

多少体重があっても、ウエストのくびれであったり、姿勢の良さであったり、若々しい肌のハリツヤがある方を目指しましょう!


はら やばみ はら やばみ 

ひ~垂れ下がってくるのは勘弁してほしい〜


というわけで、引き締まった体づくりには、やはり筋トレが欠かせません。

美魔女を目指して、少し筋肉に負荷をかけていきましょう。

普段できる筋トレとは?

お散歩や、ランニングもいいのですが、筋肉に少し負荷をかけなければ、筋肉は鍛えられません。

ですので、普段から犬の散歩などウォーキングをされいる方は、足首にウエイト(重り)を巻いて歩いてみてください。


いきなり重いのをつけると転倒する危険もあるので、最初は本当に軽いものから始めて、慣れてきたら、手首にもつけたり、重りを重くしたりして負荷を上げていきましょう。

最初は軽いと思っても、歩くと結構効いてきます。


引き締まった足になるためには、足の筋トレが必要です。

足の内側の筋肉はなかなか鍛えにくいところなので、家の中ではそこを意識して鍛えましょう。
座っている時も、立っている時もタオルをくるくると巻いたものを太ももに挟んで落ちないようキープ。


座っている時は、バスタオルなど厚手のものを膝の少し上に挟んで、両側から7秒間息を吐きながらゆっくり押していきましょう。

そして息を吸いながらゆっくりと力を抜いていきます。ゆっくり行うのがポイントです。テレビを見る時など座っているときに、こまめに行いましょう。


立っている時は、ハンドタオル程度のもの落ちないように太ももに挟んで立ちます。

歩く時は、足をクロスさせて落ちないように歩くと内側の筋肉が鍛えられます。

お尻の筋肉も合わせてキュッと引き締めて歩いてくださいね。余力がある方は、軽い腹筋と背筋運動もプラスしてポッコリお腹対策を!スクワットもオススメです。


あど バイスさんあど バイスさん

腰痛など持病のある方は、お医者様と相談しながらメニューを決めてくださいね。


ちなみに、筋トレは毎日行う必要はなくって、3日に1回程度行えば大丈夫です。

それよりも長く続けて習慣化することが大事。

モチベーションが続かないときは銭湯へ行こう

最初は「やるぞ!」と決めても毎日が地味な積み重ねです。

変化もさほど感じられません。ダイエットというより美しくなるトレーニングです。心折れそうになった時は、温泉など大浴場へ行ってみてください。


若い人の体と自分の体を見比べてみたり、高齢の女性の体と比べたりして、どうなりたいかチェック!大きな鏡に自分の体を写してみて現実もしっかり認識しましょう。


「これじゃやばい!」と認識できれば、トレーニングを頑張ろうという気にもなりますし、だんだん体が変わってくれば、運動も楽しくなってきますよ。

まとめ




40代後半になれば、自分の思っている以上に体の中が若い時と違ってきています。今まで苦手だった運動も、健康のために少し取り入れて行きましょう。


中年太りは、ただ太るというだけでなく、内蔵脂肪が溜まりやすくなったり高血圧、高血糖、高脂血症なども起こりやすくなってきます。痩せすぎる必要はありませんが、適正体重でいることは大事!


ふと ももこふと ももこ

苦手な筋トレも頑張って、いつまでも若々しくいよう!

【参考記事】40代のダイエットには酵素が必須!本気で痩せたい人におすすめの酵素3選




万年パンパン足で悩んでいませんか?

ムチムチ足から卒業できた秘密はこちら!

実は私、あるものを飲んで、長年悩んでいた足のパンパンから解放されたんです!
冬場のロングブーツもスルッとはけちゃう!
その秘密はこちらの記事で詳しく書いています➡️今すぐ読む!





記事が参考になったと思われましたら、ポチッと応援よろしくお願いいたします!



ダイエットランキング


にほんブログ村 ダイエットブログ 40代女性のダイエットへ
にほんブログ村