Pocket




女性は、生理の周期によって体重が痩せやすい時と、太りやすい時がありますよね。

実際、生理周期によってホルモンが変わるので、体に栄養を溜め込む時と排泄する時とがあって、体重が増減しやすくなっているのです。


いつ体重が増えやすくって、減りやすいのかわかっているとストレスなくダイエットも乗り切れるので、生理とも上手につきあって、ダイエットを成功させましょう!
[br num=”1″]

はら やばみ はら やばみ 

生理って何年も付き合っているけど、今だによくわかってないわ〜

 

 

生理中ってダイエットに向いてるの?




女性の子宮には、卵胞期、排卵期、黄体期、月経期と呼ばれる4つの臭気があります。

体の中で妊娠に向けての準備のために起こる現象ですが、それぞれの期に合わせて女性ホルモンのエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)が増えたり減ったりしているのです。


妊娠の準備を始める卵胞期に急に増えるエストロゲンは、皮膚のコラーゲン合成を促進し、骨密度を高めたり、血管年齢も若返らせ、女性らしさが増大します。


この卵胞期から排卵期に適度な運動を行うと、女性らしい健康的な肉体を作ることができ、ダイエットに最適な期間です。


それに対して生理の始まる1週間前から整理中は、プロゲステロンが増えてきて、水分や栄養素を体の中に溜め込み出すので、いつもより食欲も増して痩せにくい時期になります。


生理中は痩せにくい状態なのですが、デトックスが始まる時期でもあるので、その期間を上手に乗り切れば痩せやすい状態へ持っていくことができます。

痩せやすい時期ってあるの?




生理前から、生理中は、食欲が増し、特に甘いものをどか食いしてしまいたくなる時期でもあるので、そこで本能に任せて食べてしまうと体重が増えてしまいます


一時的に増えても、生理が終われば自然と元の体重に戻る人が多く、生理前後で2〜3kgの増減をする人も珍しくありません。つまり、痩せやすい時期は、生理が終わってからの2週間。


生理前から生理中、体内に栄養を蓄えようとする時期に体重を横ばいでキープできたら、生理が終わった後そこから痩せやすくなるので、体重を減らすことができます。


つまり、生理前、生理中、イライラしやすい時期ですが、そこをどう過ごすかがダイエットの鍵です。


はら やばみ はら やばみ 

本能のまま、甘いものを食べ過ぎてはダメってことね

生理中はどうやって過ごす?運動はしていい?




生理前から生理中にかけての約2週間は、体に水分と栄養を溜め込む時期で痩せにくい時期です。

この期間は体重が増えやすくなるので、その存在を知らなければダイエットで挫折しやすい時期。


この期間は体重が増えやすいことを自覚し、キープできればいいと思って体重が減らないことを気にせず頑張りましょう。

むくみが出やすい時期なので、お風呂は湯船に浸かってしっかり体を温め、入浴後は足先から心臓に向かってマッサージを行って。


むくみは放っておくと冷えにつながり、セルライト化しやすいので、むくみを減らす努力は惜しまずに。また水を溜め込みやすい塩分も控えましょう。


甘いものを食べたくなる時期ですが、空腹時に急激に血糖値を上げる白砂糖の摂取は控えて、鉄分補給にもなるレーズンやプルーンなどのドライフルーツを食べるのがオススメです。


体重を増やさないようにと、食事量を減らしてしまうとストレスになるのでカロリーの少ない食事で上手に乗り切りましょう。

冷たいものを食べると体を冷やして血流を悪くし、生理痛をひどくしたりしてしまうので気をつけて。


カフェインやタバコも血流を悪くするので、控えたほうがいいですね。

生理前は便秘になる人も多いと思いますが、便秘は体重が本当に減らない原因なので、いつもより気がけて水分をとったり食物繊維の多いものを食べたり、運動をするなどして排泄に気を使って。


排便コントロールがうまくいくと、生理が始まってからスルスルと体重が落ちることを実感するのではないでしょうか。

むくむからといって水分を控える方がいますが、それは間違い。


水分が足りないと体が水を溜め込もうとして余計にむくみますので、こまめな水分補給で1日2000mlぐらい摂取できるように気をつけて

氷水を飲むと冷えますので、50度くらいに温めた白湯がベスト。


あど バイスさんあど バイスさん

白湯を飲むと内臓の働きも良くなりますので、より代謝も上がってダイエット効果が高まります。

ハードな運動でなければ、生理中でも気にせず運動しましょう。

まとめ




私たち女性の体の中は、4週間の生理周期のリズムに支配されています。

2週間が太りやすく、2週間が痩せやすい時期です。ダイエットをする場合はこの自分のリズムをよく理解しておかないと、体重の増減に振り回されてしまいます。


「こんなに頑張っているのに痩せない!」「また甘いものを食べてしまった!」と自分を責める前に、自分の体の状態がどうなのか今一度体の声を聞いてみましょう。


生理周期を把握すると、生活のリズムも整い、イライラも軽減されます。痩せにくい時期は痩せやすい時期に向かって準備して、痩せやすい時期になったら波に乗って体重を落としていきましょう!


あど バイスさんあど バイスさん

血流が全ての期間で大事なので、毎日ストレッチやリンパマッサージをするのはオススメですよ

 


万年パンパン足で悩んでいませんか?

ムチムチ足から卒業できた秘密はこちら!

実は私、あるものを飲んで、長年悩んでいた足のパンパンから解放されたんです!
冬場のロングブーツもスルッとはけちゃう!
その秘密はこちらの記事で詳しく書いています➡️今すぐ読む!



 



記事が参考になったと思われましたら、ポチッと応援よろしくお願いいたします!



ダイエットランキング


にほんブログ村 ダイエットブログ 40代女性のダイエットへ
にほんブログ村