Pocket




ダイエットというと、最初に思いうかぶのが食事量を減らすこと。

消費カロリーよりも摂取カロリーを減らせば痩せるので食べなければいいとまず考える方がほとんどではないでしょうか?


ところが、食事量をどんなに減らしてもなかなか体重が落ちないのが40代からの中高年

若いころは1食抜けば簡単に1kgぐらい減っていたし、1週間もあれば2〜3kg減っていたのに全く痩せない!


はら やばみ はら やばみ 

そうそう!むしろ食べてないのに太ってるし!!食べても食べなくても一緒だわ。どうしたらいいのかしら?


実は食べる量より食べている質が間違っているのかもしれません

「ちゃんと食べて痩せる」食事の中身を見直してみましょう。

 

 

三食しっかり普通に食べてダイエットしよう




毎日何かしら食べて生きていると思いますが、必要な栄養素を必要なだけちゃんと摂取しながら食事をできてる人はほとんどいません。

特に食事が西洋化してしまった現代の日本人は、日本人に必要な栄養分が取れていないのです。


毎日食べたものをきちんと記録している人は少ないと思いますが、振り返ってみて、ちゃんと必要なものを食べているなと思いますか?

多くの人が必要な野菜の量を取れていませんし、食べていたとしても、今の野菜に含まれるミネラルの量は昔と比べて大幅に減っているのが現状。


量を食べても、栄養素が足りないという事態に陥っています。

つまり、カロリーは十分に取れているんだけれど、ミネラルのような微量元素が足りていなく、体が飢餓状態に陥っているので、体が必要以上に栄養を溜め込もうとしているのかもしれません。


また、食べなさすぎても体は飢餓状態だと思って、ちょっとしか食べていないのにそのちょっとを溜め込もうとして、太るということもあります。


食事の時間を空けすぎず、きちんと3食食べた方が実は体は太りにくいのです。

ただ、その3食を栄養のバランスを考えず、食べすぎてしまうとどんどん太るということに。


「普通に食べる」といってもその「普通」が人それぞれ基準が違いすぎて、「痩せない」ということになっているのです。

普通に食べると太る人は




自分の中の「普通」に合わせて食事をすると、「普通に食べてるだけなのに太る」ということになりますよね。

同じ食事をしている家族を見回して、全員が同じぐらい小太りや肥満体型の場合、それは間違いなく普段食べている食事の内容が間違っています。


昔、成人病と言われていた病気が今は生活習慣病と改められましたが、高血圧や高脂血症、糖尿病などは生活習慣が正しければかからない病気です。


つまり、食生活を正しくすると病気の予防にもなるし、ダイエットにもなるということですね。

では一体何に気をつけて食べると太らないのでしょうか。食事の内容を見ていきましょう。

普通の食事がわからない。普通の食事とは




糖質制限をしている方も多いと思いますが、糖質は体を元気に動かす源。

必要な栄養素なんですね。なので、むやみやたらに減らしてしまうのは間違い。


糖質は必要なのだけれど、急激に血糖値を上げると体に大きな負担を与え、急に眠くなったりすぐにお腹が減ったりということが起こります。

大事なのは、糖の消化吸収をゆっくりにすること


スローカロリーな食事にすることです。GI値という言葉を聞いたこともある方も多いと思いますが、血糖値を上げないことが大事なんですね。

よく知られているのが、食べる順番。


最初に野菜など食物繊維の多い食材を食べ、それから脂質やタンパク質。

最後に炭水化物という順番で食べると血糖値が緩やかに上昇して、スローカロリーになります。


そのほかに、ゆっくり食べる。

ゆっくり食べると糖の消化吸収がゆっくり進んで血糖値を急に上げないという効果がありあます。

また、炭水化物は噛めば噛むほど甘みが出てきますし、ゆっくり食べることで満腹中枢も刺激され、少量で満足できるというメリットも。


食事は、ワンプレートのカレーや丼ものを避け、できるだけ定食に。和食がいいのですが、和食は砂糖を多く使うので、その砂糖を消化がゆっくり行われるパラチノースなどの糖に置き換えることでスローカロリーにすることができます。


糖の消化吸収をゆっくりにすると、腹持ちもよくお腹が空かないので間食が減り結果としてダイエットにもつながります。

糖尿病予防の食事ですが、糖尿病予備軍が相当いる日本。

糖尿病を予防する上でも肥満対策は必須です。


スローカロリーな食事を実践したい方は糖尿病予防を進めているスローカロリー研究会がスローカロリーを実践するわかりやすい動画を作成されていますので、ぜひみてみてください。
スローカロリー3分間ラーニング

まとめ




日本人は糖質を食べ過ぎていると言われていますが、実は昔と比べて日本人の糖質摂取量は減り続けています。

糖質は必要な栄養素なので、制限するのではなく、消化吸収をゆっくりにすることが重要。


スローカロリーな食材や調味料に置き換える。食べるときは順番を工夫し、よく噛んで食べる。早食いは禁物です!

脂肪をつけずに持久力や筋肉をつけるためにも、ゆっくりよく噛んで糖質をきちんと摂ることが大事なんですよ。


あど バイスさんあど バイスさん

肥満は糖尿病の大敵です。糖尿病にならないようにすることは、実は健康的に痩せることなんですね。ぜひ食事の見直しをしてみてください!


【参考記事】ダイエット中、外食が続くときや友達付き合いの外食どうしたらいい?

 

 



記事が参考になったと思われましたら、ポチッと応援よろしくお願いいたします!



ダイエットランキング


にほんブログ村 ダイエットブログ 40代女性のダイエットへ
にほんブログ村